西荻窪の整骨院・接骨院立川国立エリアの整骨院

病院が治せない膝痛を治そう

膝痛膝痛

病院が治せない膝痛を治そう

膝の痛みも原因や状態によって対処が異なる

始めに皆さんに知っていただきたいのは、鼻水が出る原因には花粉症、寒暖差、風邪などいろいろな原因があるように、膝の痛みにも色々な原因があります。

花粉症の鼻水が風邪薬で止まらないように、膝の痛みも原因に対して対処法が違うと、まるで効果が出ないことも多々あります。

膝が痛む原因

慢性的に膝痛に悩まされる原因は以下の例が多いです。

(この項では、感染症や靭帯・半月板などの急性症状は割愛します)

 

Aタイプ 太ももの前面の筋肉が硬くなる

Bタイプ 膝軟骨のすり減り

Cタイプ 膝の捻じれ

 

これらの原因に対して、医療機関では処置をしていくのですが

この3つの中で病院が対処できないものが1つあります。

それは、Cタイプの「膝の捻じれ」です

3つの原因、それぞれの対処

Aタイプの場合、太ももの筋肉が硬くなることにより、膝のお皿周りに痛みを生じます。

筋肉を緩めれば良いので、電気療法や温熱療法、ストレッチなどが有効です。

 

Bタイプの場合、痛みの原因は軟骨のすり減りによる骨の衝突や、それに伴う炎症の痛みです。

いわゆる「膝に水が溜まる」のはこのBタイプで、水を抜いたり、ヒアルロン酸の注射で

炎症を抑えたりすることである程度の有用性があります。すり減りが限界に達すると

人工関節などの処置になりますが、注射や手術はすべて医師のみが行えることです。

 

そしてCタイプの場合、膝の捻じれが原因の痛みを治すには

捻じれの原因となっている筋肉を調整する技術と、捻じれないような歩行を指導する知識が必要となります。

筋肉の調整は電気療法ではできず、炎症が主体でないため注射も効果がありません。

整形外科に通って何ヶ月も痛みが変わらない場合は、このタイプである事が多いです。

 

あなたの痛みはCタイプ?

最後に、Cタイプの痛みになりやすい人のチェックリストを紹介します。

 

☑脛のでっぱりがお皿の真下にない(外にずれている)

☑外反母趾である

☑上向きに寝た時、膝裏が床につかない(膝がまっすぐ伸びない)

☑痛みはあるが、腫れや熱っぽさはあまり無い

 

もしかして…と思った方は、当院を始め膝の整体が出来る治療院をお尋ねください

 

2ae36d5768c09f31681e76be0d2e84f5 病院が治せない膝痛を治そう

あおば整骨院 院長
御子貝拓真(みこがいたくま)

2005年 国家資格 はり灸按摩指圧師 取得
2015年 国家資格 柔道整復師 取得

地元である杉並区西荻窪の「健康博士」として多くの患者さんが相談に来る。家族と阿波踊りをこよなく愛する熱血施術家

あおば整骨院御子貝院長をフォローする
タイトルとURLをコピーしました