西荻窪の整骨院・接骨院立川国立エリアの整骨院

季節のものが体をつくる

落花生あおば整骨院【西荻窪】

季節のものが体をつくる

空気が澄み、夜空がきれいに見えるようになりました。

清々しいこの季節、気温や日照時間が短くなり、体調や体力が安定してくる一方、気持ちの落ち着き、落ち込みを感じたりしている、という話もちらほら聞くようになりました。

日本の四季のなかで、秋は「収穫」の時季ですね。

昔だったら、自然界に感謝し、恵みを頂き、体を労い休める、喜びと休息の季節だったのではないでしょうか。

東洋医学においても、秋は自然界、動物、人間にとって、体力、気力、エネルギーを養う、大切な季節だと言われてきました。陽気の盛んな陽(よう)の時季(春・夏)を経て、これからは内にこもり体を養う期間とも言えるかもしれません。そのため、体も気持ちも内に入るのはとても自然なことなんですね。静かに読書をしたり、音楽をきいてゆっくり自身の中を深める時間、または軽い運動で汗を流し、気の巡りを良くして体を整える時間、などを積極的にとってみても良いでしょう。

そろそろ、動物や虫たちも冬眠の準備を始める頃。

私たちもこれから寒くなる季節に向けて、体作りを始めていきましょう。

さて、「秋の空、腸とお肌と肺のはなし」でもお話ししましたが、秋は乾燥と冷えを防ぐことがとても大事。乾燥+冷えから体を守ってくれる、おいしい秋の味覚といえば・・・「種」!

え?種なんて、リスじゃあるまいし・・なんて言わないで。

ナッツと言ったほうが分かりやすいでしょうか。炒ったものは一年中ありますが、今しか手に入らない生のナッツに出会ったら、すぐに調理してぜひ出来立てを食べてみて。特別においしい時期なんですよ。

それではご紹介していきましょう♪

【種 TANE 】

ここから芽が出て大きくなる。種は生きるパワーがいっぱいつまっているのだ❣

とにかく体を温め、体を潤してくれる種たち。ただし効果が高く消化に負担もかかるので、一日に食べる量は、片手の手のひら一杯分にしましょう。

14981784615080 季節のものが体をつくる

【くり】:冷えによる慢性的な下痢に。筋肉や骨を強くするアンチエイジング効果も大。

【ぎんなん】:咳や痰、かすれ声、ぜんそくの症状を和らげる。

【くるみ】:体を温める力が強い。年齢による体力不足、疲れ、腰痛、脱毛、白髪、耳鳴りなどに。

【らっかせい】:秋に起こる、呼吸器や腸の乾燥全般に。生理不順や内出血の改善にも。

【まつのみ】:肺や腸を潤し、から咳、肌の乾燥、便秘の改善に。

掘りたての落花生を塩ゆでしてみたら、格別だったレシピ

【材料】

落花生(生) :適量。八百屋さんや、最近ではスーパーでも見かけます

塩 :茹でる水の3%くらい。1ℓの水だと大さじ2の塩を入れます。

①落花生は鮮度が大事なので、買ってきたらその日中に茹でます。

泥がついている場合にはしっかり水で洗い、あとは殻付きのまま茹でるだけ。

茹で時間は30~40分くらいが目安。

②食べてみて固いと思ったら、もう少し茹でて、茹で上がったらざるに上げて冷まします。

茹でたては格別、おつまみにも最高です。

そして、たくさん食べたいところだけど、食べ過ぎには注意して。残ったら冷蔵庫に入れて翌日まで食べられます。

22631119_m-1024x577 季節のものが体をつくる

季節のものが季節の体をつくる、理にかなっていてうっとりするくらいです。

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 季節のものが体をつくる

【経歴】
山形県出身。東洋鍼灸専門学校卒業
【国家資格】はりきゅう師
【趣味】登山、泳ぐこと、寸劇作り

【自己紹介】
西荻窪の神明通り「あおば整骨院・鍼灸院」
鍼灸師の藤田倫子(ふじたのりこ)です〜

国際中医薬膳師の知識も生かして、薬膳・はり・きゅうを中心に、ワークショップや施術を通して東洋医学の楽しさや素晴らしさを多くの人に伝える活動を行ってます。

痛みや不調の治療だけでなく、体質や生活習慣・食生活についてのアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談くださいね。

あおば整骨院 鍼灸師 藤田倫子をフォローする

タイトルとURLをコピーしました