西荻窪の整骨院・接骨院立川国立エリアの整骨院

お茶のもう

あおば整骨院【西荻窪】

お茶のもう☆

 

こんにちは。立春を迎え、暦の上では春。少しずつ日が伸びて暖かくなってきましたね。

さて、突然ですが、皆さん普段はなにを飲んでいますか?

コーヒー派?それともお茶?お水ですか?

私は、一年中三年番茶というノンカフェインのお茶をよく飲んでいます。

ほかにも、季節や気分に合わせていろいろなお茶を選んでいます。毎日飲むお茶で体調管理をしていると言ってもいいくらい・・

そろそろ花粉が気になりだしたので、ルイボスティーを準備しようかな?など、楽しんでいます。

《わたしのお茶カレンダー》

13616584153473-1024x361 お茶のもう

黒豆茶

寒いときはこれ!冬は黒い食材を摂ると〇です。老化防止にもよく、婦人科系のお悩みや難聴、薄毛、冷え症などにも良いです。おいしくて食事にも合います。

ルイボスティ

花粉対策に。ポリフェノールが多く、抗酸化作用や抗アレルギー作用があると言われています。

ハーブティー

自分の好きな香りを嗅ぐと、「気滞(きたい)」という体内の滞りが解消され、身体の巡りが良くなります。ただし、嫌いな香りだと逆効果。気がうっ滞して巡りを悪くするので注意してくださいね。レモンやハーブなど、好きな香りは春先の不安定な気持ちを落ち着かせてくれます。

コーン茶

ほんのり甘くて飲みやすいコーン茶。利尿作用が高く、湿気が身体に溜まってむくみや頭痛が出やすい季節には重宝します。身体を冷やし過ぎないので、梅雨時期におすすめ。

麦茶

みんな大好き麦茶。麦わら帽子にも使われているように、熱を冷ます作用の高い麦。加えて、身体の余分な湿気を取るので、真夏から残暑にかけて良いと思います。

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 お茶のもう
あおば整骨院 藤田鍼灸師

※すべてノンカフェインで、赤ちゃんからお年寄りまで安心して毎日飲むことができます。大型スーパーやネット通販で手に入ります。

ところで皆さん、喉が渇いたときに飲む冷たい麦茶はとってもおいしいですよね。

さて、次のうち、早く喉の渇きを潤してくれるのはどちらでしょう?

 

  1. 冷たい麦茶
  2. 温かい麦茶

 

答えは、勘の良い方ならもうおわかり、そう!②の温かい麦茶です。

①の冷たい麦茶は喉越しは良いですが、お腹に入った後には、体温と同じくらいの温度になるまでお腹の中で温まらなくては身体に吸収されません。冷たいものをとった後にお腹が変な感じがするのはそのためです。

②の温かい麦茶は、速やかに身体に吸収されるので、それだけ早く喉(身体)の渇きを解消してくれます。

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 お茶のもう
あおば整骨院 藤田鍼灸師

お腹に負担をかけない飲み方は温めて飲むこと。頭の片隅に置いておいてくださいね。

でもそうは言っても、時々はキーンと冷えたビールだって飲みたい!!

それはお腹が元気だからこそ、身体が元気だからこそ☆

日ごろからお腹を労わって、おいしいビールも楽しんでください!(^^)!

レシピのご紹介

〇しょうがココア

ココアの粉(無糖) 大さじ1

牛乳 200㏄

生姜のしぼり汁 小さじ1/2

てんさい糖 お好みの量

①鍋で牛乳を温めてココアの粉を入れます。

②よく混ぜてココアがなじんだら、生姜のしぼり汁とてんさい糖を加えてできあがり。

春先の冷たい風で身体が冷えた時などにぜひ作ってみてください。意外なおいしさにびっくりするかも・・☆

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 お茶のもう

【経歴】
山形県出身。東洋鍼灸専門学校卒業
【国家資格】はりきゅう師
【趣味】登山、泳ぐこと、寸劇作り

【自己紹介】
西荻窪の神明通り「あおば整骨院・鍼灸院」
鍼灸師の藤田倫子(ふじたのりこ)です〜

国際中医薬膳師の知識も生かして、薬膳・はり・きゅうを中心に、ワークショップや施術を通して東洋医学の楽しさや素晴らしさを多くの人に伝える活動を行ってます。

痛みや不調の治療だけでなく、体質や生活習慣・食生活についてのアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談くださいね。

あおば整骨院 鍼灸師 藤田倫子をフォローする

タイトルとURLをコピーしました