西荻窪の整骨院・接骨院立川国立エリアの整骨院

湿気の苦手な日本人

あおば整骨院【西荻窪】

湿気の苦手な日本人

こんにちは。

だんだんと湿度が上がってきて、雨の季節が近づいてきました。

この雨で、植物たちはぐんぐん、のびのびと成長し、花や実をつけていきますね。

では私たちの体は・・・?

多すぎる湿気は、東洋医学では「湿邪(しつじゃ)」と言って、体に悪さをするものと考えられています。体の中に湿気が溜まるとどうなるでしょう?

だるさ、食欲不振、手足の冷え、湿疹などに加え、一番ダメージを受けるのが胃腸です。

湿度の高い日本では、胃腸の薬が良く売れると言います。

胃腸は湿気が苦手で、湿度の高い日々が続くと、消化機能に影響が出て、お腹を壊したり、食欲が落ちたり、食べたものをうまく消化できずに全身の疲れが溜まったりしてきます。

これからの雨の季節は、お部屋や体に湿気を溜めこまない工夫と、いつも以上に胃腸を労わる食生活が大切になりそうですね。

体の中の湿度チェック

いくつ当てはまるでしょう?多くあてはまるほど、湿気が体の中に溜まっています。

【朝のからだ】

    • 目覚めたときにすっきりしない。頭や体に何か巻き付いているように重い
    • 歯を磨いたとき、なんとなく気持ちが悪く、吐き気がする
    • 喉の辺りに何か絡んでいるようで痰を吐く
    • 髪の毛が脂ぎっている
    • 顔がテカテカしている
    • 耳の中が湿っている
    • 陰部がじめじめして痒い

    4395910_s 湿気の苦手な日本人

【便】

 

□ 形が崩れていたり、下痢が続いている

□ 粘り気があって、便器にこびりついてしまう

□ おしりを拭くのに、4回以上トイレットペーパーを替える

□ 色が黄土色でなく、青または緑。形も小さい

IMG_5357 湿気の苦手な日本人

それでは、体の中の余分な水分を排出してくれる食材を紹介します。

①緑豆

IMG_5356 湿気の苦手な日本人

体にこもった余分な熱を鎮める作用と、余分な水分を排出する働きがあります。

熱によるイライラ、ニキビなどの腫れ物、のどの痛みなどの暑さによる症状に効果的。もちろんむくみにもおすすめです。ただし、熱を冷ます働きがあるので、冷え性の人は食べ過ぎに注意です。

②大豆

むくみや体がだるい、といった体内の水分代謝が乱れた方におすすめです。しょうゆ、みそ、豆腐など、身近な食材に使われているので、毎日の食事に取り入れやすいですね。

③小豆

高い利尿効果があり、むくみやだるさに効果的です。また、解毒作用もあるので、にきびやのどの腫れ、目の充血などの炎症にもよく使われます。

④冬瓜

IMG_5358 湿気の苦手な日本人

夏が旬の冬瓜。冬まで保存ができるので、この名前がつきました。

熱を冷まし、体の渇きを潤すことで有名で、夏バテの症状にはぴったりです。あれ?でもそれじゃあ、むくみをとるとは反対では?と思いますよね。

冬瓜は優秀で、体を潤す働きとともに利尿効果もあり、体の水分バランスをうまく調整してくれるのです。

⑤とうもろこし

だるさ、むくみに効果的。また、お腹を整えて消化吸収を助けるので、湿気で胃腸の調子を崩した時にもとても重宝します。

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 湿気の苦手な日本人
あおば整骨院 藤田鍼灸師

私がよく作るのは、緑豆や小豆を一晩水に浸けてお米と炊いた豆ごはんや、冬瓜のお味噌汁です。簡単に作れるものを毎日少しずつ取り入れるがいいですね。

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 湿気の苦手な日本人

【経歴】
山形県出身。東洋鍼灸専門学校卒業
【国家資格】はりきゅう師
【趣味】登山、泳ぐこと、寸劇作り

【自己紹介】
西荻窪の神明通り「あおば整骨院・鍼灸院」
鍼灸師の藤田倫子(ふじたのりこ)です〜

国際中医薬膳師の知識も生かして、薬膳・はり・きゅうを中心に、ワークショップや施術を通して東洋医学の楽しさや素晴らしさを多くの人に伝える活動を行ってます。

痛みや不調の治療だけでなく、体質や生活習慣・食生活についてのアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談くださいね。

あおば整骨院 鍼灸師 藤田倫子をフォローする

タイトルとURLをコピーしました