西荻窪の整骨院・接骨院立川国立エリアの整骨院

すごいぞ、ヨモギ☆

あおば整骨院【西荻窪】

すごいぞ、ヨモギ☆

こんにちは。春の景色が、黄色からピンク、緑色へと移り変わっていきます。いよいよ大好きな新緑の季節だと思うとうれしいんですよね。

昔、5月くらいにヨモギを摘んできて、お灸を作ったことを思い出しました。ヨモギは通年見られますが、とくにこの時期のヨモギの新芽は、1年で1番エネルギーに溢れ、お灸にするとすごく良いお灸ができるんですよ。

ほかにも、お茶にしたり、ヨモギ餅にしたり、入浴剤にしたり、おひたしやてんぷら、お菓子作りに使っても良いですね。独特の力強い香りはアロマとしても優秀です。

体を芯から温め、冷えや痛みを治してくれるヨモギ。「食べてよし、飲んでよし、塗ってよし」と、昔から様々な場面で親しまれてきました。それにヨモギは日本中どこでも見られますし、手に入れやすい、というのも親しみが湧きます。

土手や河原など近所を散策してみるのも良いですね。この時期は運が良ければ八百屋で見かけることもあります。また、最近では「ヨモギパウダー」なんていうのも売っていて、お餅やパンなどの料理にすぐに使えて便利です。

春の香りをいっぱいに、楽しんでみてはいかがでしょうか。

《ヨモギの効能》

①体を温め、冷えや痛みを改善する

⇒肩こり、腰痛、生理痛に

②体に溜まったいらない湿気を取り除く

⇒花粉症の鼻水や涙、全身のむくみ、だるさ、皮膚のジュクジュクした痒みに

③血を補う作用と止血作用

⇒貧血、痔に

④肌を整える美容効果

⇒くすみ、しみ、しわ、吹き出物に

yomogi すごいぞ、ヨモギ☆

☆春を食べよう!よもぎとちくわのかき揚げ☆

材料  (4人分)
よもぎ 100g(新芽のやわらかい部分を摘んでくる)
ちくわ 4本
小麦粉 1カップ
卵+水 合わせて1カップ
塩 適量
揚げ油 適量

①よもぎは固い茎の部分や固い葉は取り除き、柔らかい若芽の部分のみ使う。土などがついているので、4~5回水を替えて良く洗い、ざるにあげしっかりと水を切る。(念入りに水を切ってください)

②ちくわは薄い輪切りにする。

③卵と冷水を合わせたところに、小麦粉をふるいながら入れ、よもぎとちくわを加える。

④揚げ油を熱し、大きめのスプーンで材料をすくって鍋に入れ、両面をからっと揚げる。

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 すごいぞ、ヨモギ☆
あおば整骨院 藤田鍼灸師

よもぎは生を料理するとだんぜん香りが違います。もちろん効能もばつぐん!(^^)!

【おまけです】西荻よもぎグルメベスト3

1位 カフェsingの「よもぎとあんこの米粉マフィン」

2位 喜田屋の「かしわ餅」

3位 長本兄弟商会の「よもぎあんぱん」

すべて期間限定商品☆気になった方は今すぐお店にダッシュして~(*´з`)♪

yomogi2 すごいぞ、ヨモギ☆

c7cdcb861ffa51afab6a3f8b9e390b67 すごいぞ、ヨモギ☆

【経歴】
山形県出身。東洋鍼灸専門学校卒業
【国家資格】はりきゅう師
【趣味】登山、泳ぐこと、寸劇作り

【自己紹介】
西荻窪の神明通り「あおば整骨院・鍼灸院」
鍼灸師の藤田倫子(ふじたのりこ)です〜

国際中医薬膳師の知識も生かして、薬膳・はり・きゅうを中心に、ワークショップや施術を通して東洋医学の楽しさや素晴らしさを多くの人に伝える活動を行ってます。

痛みや不調の治療だけでなく、体質や生活習慣・食生活についてのアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談くださいね。

編集者(中の人)をフォローする

タイトルとURLをコピーしました