西荻窪の整骨院・接骨院立川国立エリアの整骨院

冷やす?温める?私の症状はどちらがいいの?

杉並整骨院鍼灸マッサージ院【西荻窪】

セルフケアの方法として患部を冷やす、温めるといった場合がありますがこれらは症状によって対処が変わってくるということをご存知でしょうか?

「温めた方がいい場合」

温めると改善がみられる症状はコリなどの慢性痛です。

慢性痛や疲労感は主に血行不良によって疲労物質が体に蓄積、停滞を起こすことにより生じます。

患部を温めると血液が集まりその流れに乗せて疲労物質を流してくれます。

そのため慢性痛やコリに対しては温めた方が良いでしょう。

 

「冷やした方がいい場合」

冷やした方がいい場合は傷めたばかりの症状、いわゆるケガです。

1083233 冷やす?温める?私の症状はどちらがいいの?

特に患部に腫れ、熱感があるものは炎症が起きています。

炎症は温めることによって症状が悪化してしまう場合があります。

冷やすことにより症状が広がるのを防いでくれます。

また、ケガに関しては炎症が治まった時点で、次は逆に温めることをおすすめします。

ケガの治癒には血液が運んでくる栄養が不可欠です。血液の流れは疲労物質を除去する以外にも栄養を届けてくれる作用があるのです。血行をよくして回復を待ちましょう。

 

「温シップと冷シップは何が違うの?」

シップ薬には温シップと冷シップがあるのをご存知かと思います。

実は温シップと冷シップは皮膚が感じる刺激に違いがあるだけで痛みを鎮める成分には大きな違いはありません。

(温シップには暖かさを感じさせるカプサイシンなどのトウガラシ成分、冷シップには清涼感を感じさせるI-メントールが配合されています。)

722593 冷やす?温める?私の症状はどちらがいいの?

炎症に対しては熱感があるので冷シップで熱を取り去るほうがよいでしょう。

慢性痛に対して使用するのであればお好みで大丈夫です。

ただし温シップに関してはカプサイシンの刺激により痛みを生じてしまうことがありますので入浴前後にはしばらくは貼らないようにしましょう。

またお肌の弱い方にもあまりおすすめはしませんのでお気を付けください。

 

「まとめ」

日常で感じる慢性痛や炎症が治まったケガに対しては温める。

傷めたばかりのケガで炎症症状があるものは冷やす。

痛みを抑えてくれるシップ薬は炎症が起きているときには冷シップ

その他は好みでOK

正しい処置で一日も早い回復に努めましょう!

 

注意:関節の慢性痛は炎症症状に転じることがあります。腫れ、熱感を強く感じた際は医療機関への受診をおすすめします。

9874ba2a5195f630569fcc19bf7e67b8 冷やす?温める?私の症状はどちらがいいの?

こよなくサウナ&銭湯を愛する長野県出身の鍼灸師(国家資格)です!

鍼やお灸の技術や知識は患者さんからも評判です〜

まだまだ修行中の身ですが日々奮闘中!

鍼やお灸のご相談、冷え性などでお困りの方は
西荻窪 杉並整骨院 までお気軽にご相談ください〜

杉並整骨院 加藤先生をフォローする
タイトルとURLをコピーしました